企画展「繡と織-華麗なる日本染織の世界-」

会期| 2023年12月16日(土)~2024年1月28日(日)
会場|根津美術館(東京都港区)

唐織 金地枝垂桜花車模様 日本・江戸時代 19世紀/根津美術館蔵

染織品に模様を施す加飾技法が様々ある中で、古代中国において高度な発展を遂げた織の技法は、日本では格式高いものとして受け入れられました。また刺繡も、飛鳥時代より仏の姿を繡であらわす繡仏が制作され、織とともに重んじられました。中世から近世には染の技法が発展します。平面性の強い染と、糸の盛り上がりで立体感を表現でき
る刺繡は相性がよく、両者を組み合わせた小袖の優品が多数生み出された一方で、武家の式楽として隆盛した能の装束には重厚な織が多用されました。

着付 紅地鱗向い鳥丸模様 日本・桃山~江戸時代 17世紀/根津美術館蔵

根津美術館のコレクションの礎を築いた初代根津嘉一郎(1860~1940)は、古美術品の豪快な蒐集で名を馳せましたが、その意欲は染織品にも向けられました。記録を紐解くと、多い時には70点以上の染織品を一度に購入したこともあったそう。

振袖 綸子地桐鳳凰模様 日本・江戸〜明治時代 19世紀 根津美術館蔵

本展覧会では、法隆寺や正倉院伝来の上代裂、袈裟や打敷などの仏教染織、唐織や縫箔といった能装束、そして江戸時代の小袖まで、幅広い時代の染織品の中から、織と刺繡の技が光る作品を紹介しています。

上代裂 緑地草花文刺繡 日本・奈良時代 8世紀 根津美術館蔵

400余点を数える現在の所蔵品の一部には、伝来や旧所蔵者が判明・推測されるものもあります。この企画展では、織と刺繡の優品を軸に、嘉一郎が晩年まで継続的に集めた館蔵染織品を一堂に展示。華やかかつ厳かな染織品の数々をお楽しみください。

単衣(ひとえ) 紫絽地(むらさきろじ)御簾(みす)(ねこ)草花(くさばな)模様(もよう) 日本・江戸時代 19世紀 根津美術館蔵

企画展「繡と織-華麗なる日本染織の世界-」

会期 2023年12月16日(土)~2024年1月28日(日)
*日時指定予約
会場 根津美術館
東京都港区南青山 6‐5‐1
開館時間 10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜、年末年始(12月25日〜1月4日)
*但し、1 月 8 日(月・祝)は開館し、翌 9 日(火)は休館
観覧料
(日時指定券料金)
一 般 1,300円
学 生 1,000円
中学生以下無料
お問合せ 03-3400-2536(代表)
公式HP 企画展「繡と織-華麗なる日本染織の世界-」

関連記事

  1. 永遠の都ローマ展

  2. 虫めづる日本の人々

  3. シン・ジャパニーズ・ペインティング 革新の日本画−横山大観、杉山寧から現代の作家まで

  4. よきかな源氏物語

  5. モネ、ルノワール 印象派の光

  6. 【特別展】恋し、こがれたインドの染織 −世界にはばたいた布たち−