永遠の都ローマ展

会期| 2023年9月16日(土)~12月10日(日)
会場|東京都美術館(東京都台東区)

《カピトリーノのヴィーナス》 2世紀 大理石 カピトリーノ美術館蔵 ©Roma, Sovrintendenza Capitolina ai Beni Culturali / Archivio Fotografico dei Musei Capitolini 

世界的にもっとも古い美術館の一つに数えられ、ローマの観光地としても人気の高いカピトリーノ美術館。同館のはじまりは、ルネサンス時代の教皇シクストゥス4世がローマ市民に4点の古代彫刻を寄贈したことにさかのぼります。古代遺物やヴァチカンに由来する彫刻、またローマの名家からもたらされた絵画など、その多岐にわたる充実したコレクションは、古代ローマ帝国の栄光を礎に、ヨーロッパにおける政治、宗教、文化の中心地として発展したローマの歩みそのものにも重ねられます。

《イシスとして表わされたプトレマイオス朝皇妃の頭部》 前1世紀-後1世紀 パロス島産大理石 カピトリーノ美術館分館 モンテマルティーニ美術館蔵 ©Roma, Sovrintendenza Capitolina ai Beni Culturali / Archivio Fotografico dei Musei Capitolini

本展では、カピトリーノ美術館の所蔵品を中心に、建国から古代の栄光、教皇たちの時代から近代まで、約70点の彫刻、絵画、版画等を通じて、「永遠の都」と称されるローマの歴史と芸術が紹介されます。

ピエトロ・ダ・コルトーナ《教皇ウルバヌス8世の肖像》 1624-27年頃 油彩、カンヴァス カピトリーノ美術館 絵画館蔵 ©Roma, Sovrintendenza Capitolina ai Beni Culturali / Archivio Fotografico dei Musei Capitolini

見どころは、古代ローマ帝国の栄華を象徴する《コンスタンティヌス帝の巨像》。本展では一部を原寸大で複製した作品が展示されます。頭部だけで約1.8メートルもある巨大彫刻を間近でご覧いただき、ローマ皇帝だからこそなしえたダイナミックな古代芸術を体感することができるでしょう。
さらに、古代彫刻の傑作《カピトリーノのヴィーナス》が初来日。ミロのヴィーナス(ルーブル美術館)、メディチのヴィーナス(ウフィッツィ美術館)に並ぶ古代ヴィーナス像の傑作で知られています。カピトリーノ美術館以外では滅多に見ることができない門外不出の作品を鑑賞することができます。

《カピトリーノのヴィーナス》 2世紀 大理石 カピトリーノ美術館蔵 ©Roma, Sovrintendenza Capitolina ai Beni Culturali / Archivio Fotografico dei Musei Capitolini

2023年は日本の明治政府が派遣した「岩倉使節団」がカピトリーノ美術館を訪ねて150年の節目にあたります。使節団の訪欧は、のちの日本の博物館施策に大きな影響を与えることになりました。この節目の年に、ローマの姉妹都市である東京で、カピトリーノ美術館のコレクションの中から選りすぐりの名品をお楽しみください。

カンピドリオ広場のカピトリーノ美術館 ©Roma, Sovrintendenza Capitolina ai Beni Culturali

永遠の都ローマ展

会期 2023年9月16日(土)~12月10日(日)
*土曜・日曜・祝日のみ日時指定予約制
会場 東京都美術館・企画展示室
東京都台東区上野公園8-36
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
*金曜は9:30~20:00
休室日 月曜、9月19日(火)、10月10日(火)
*ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開室
観覧料 一 般 2,200円
大学生・専門学生 1,300円
65歳以上 1,500円
高校生以下無料
*身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料。
お問合せ 050-5541-8600(ハローダイヤル)
公式サイト 永遠の都ローマ展

関連記事

  1. 企画展 大倉集古館の春 ~新春を寿ぎ、春を待つ~

  2. 甲斐荘楠音の全貌 絵画、演劇、映画を越境する個性

  3. シン・ジャパニーズ・ペインティング 革新の日本画−横山大観、杉山寧から現代の作家まで

  4. ガウディとサグラダ・ファミリア展

  5. 琳派展23 琳派の扇絵と涼の美

  6. 特別展「やまと絵 -受け継がれる王朝の美-」