【特別展】恋し、こがれたインドの染織 −世界にはばたいた布たち−

会期| 2023年8月8日(火)~10月22日(日)
会場|大倉集古館(東京都港区)

《掛布》コロマンデール・コースト(インド)、 18 世紀後期

インドは古くから綿の国でした。植物繊維である木綿に美しい色を染めることは難しく、17 世紀以前に赤や黄色を鮮やかに発色させ、洗っても色落ちしない布を作る技法をもつ国は、インドをおいて他にはありませんでした。交易により世界に輸出され、変化を遂げていったインド布の伝播に着目し、ヨ ーロッパをはじめ、インドネシア、タイ、ペルシャ、日本などへもたらされ、それぞれの地で変化を遂げた布たちが紹介されています。

《ショール》 カシミール(インド)、 1850~70 年代

本展覧会では、日本画家・畠中光享氏が所蔵するインド染織コレクションから約100点を展示。インドから世界へと渡った布の展開をヨーロッパ、アジア、インドの 3 部構成で紹介されています。

《掛布》ヨーロッパ、19 世紀初期

「更紗」の名で知られる捺染布をはじめ、ヨーロッパに渡った豊かな色彩のエキゾチックな柄のパランポールと呼ばれる捺染布、1枚作るのに最低3年はかかるといわれる緻密な綴織のカシミールショールなどを展観。さらに、インド国内の宮廷や寺院で使われた金銀糸織や、今では技法さえわからないほどの複雑な絞り染めのターバンや上質の木綿モスリンなど、インド染織の幅広さや奥深さをお楽しみください。

《布地》ラジャスタン州、サンガネール(インド)、 19 世紀前期

【特別展】恋し、こがれたインドの染織 ー世界にはばたいた布たちー

会期 2023年8月8日(火)~10月22日(日)
前期:8月8日(火)〜9月10日
後期:9月12日(火)〜10月22日(日)
会場 大倉集古館
東京都港区虎ノ門2-10-3
開館時間 10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜(祝日の場合は翌日)
入館料 一 般 1,300円
高校・大学生 1,000円
中学生以下無料
*障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、
およびその同伴者(1名)は無料。
*お着物(和装)でご来館の方は200円引き(割引併用不可)
お問合せ 03-5575-5711
公式サイト 【特別展】恋し、こがれたインドの染織 ー世界にはばたいた布たちー

関連記事

  1. よきかな源氏物語

  2. 企画展 大倉集古館の春 ~新春を寿ぎ、春を待つ~

  3. シン・ジャパニーズ・ペインティング 革新の日本画−横山大観、杉山寧から現代の作家まで

  4. マティス 自由なフォルム

  5. 琳派展23 琳派の扇絵と涼の美

  6. 特設展 それぞれの源氏物語