琳派展23 琳派の扇絵と涼の美

会期| 2023年6月10日(土)〜 8月20日(日)
会場|細見美術館(京都市左京区)

本阿弥光悦 書 俵屋宗達 下絵 萩薄下絵和歌書扇面 江戸前期 細見美術館蔵

琳派の創始者、俵屋宗達(生没年不詳、江戸前期に活躍)は扇絵などを制作する「絵屋」を営んでいました。「扇絵」は言わば宗達工房の主力商品であり、その独創的な意匠は後に屛風などの大画面に明快な画風を展開する原点ともなりました。
琳派展の第23弾となる本展では、細見コレクションを中心に、扇絵・団扇絵や夏の草花図や秋草図を選び、琳派による涼の美を展覧します。

尾形光琳 宇治橋図団扇 江戸中期 細見美術館蔵

〈扇絵〉や〈団扇絵〉は、尾形光琳、中村芳中、酒井抱一、鈴木其一、神坂雪佳ら宗達以降の絵師たちも積極的に手掛け、デザイン性の高い身近な調度として親しまれました。一方、琳派では朝顔など夏秋の草花図も多く描かれ、爽やかな画面は凌ぎ難い夏の暮らしに一風の涼味をもたらしました。
涼を誘う琳派作品をぜひご堪能ください。

神坂雪佳 秋草図扇子 大正前期 細見美術館蔵

酒井抱一 扇面貼交屛風(右隻) 江戸後期 細見美術館蔵

琳派展23 琳派の扇絵と涼の美

会期 2023年6月10日(土)〜 8月20日(日)
会場 細見美術館
京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
開館時間 10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜(祝日の場合は翌日)
入館料 一 般 1,400円
学 生 1,100円
障がい者手帳をお持ちの方は100円引き。
お問合せ 075-752-5555
公式サイト 琳派展23 琳派の扇絵と涼の美

関連記事

  1. モネ、ルノワール 印象派の光

  2. 虫めづる日本の人々

  3. シン・ジャパニーズ・ペインティング 革新の日本画−横山大観、杉山寧から現代の作家まで

  4. ガウディとサグラダ・ファミリア展

  5. 特別展「やまと絵 -受け継がれる王朝の美-」

  6. 特設展 それぞれの源氏物語