ガウディとサグラダ・ファミリア展

会期| 2023年6月13日(火)〜9月10日(日)
会場|東京国立近代美術館(東京都千代田区)

サグラダ・ファミリア聖堂、2023年1月撮影 ©Fundació Junta Constructora del Temple Expiatori de la Sagrada Família

ユニークな造形で世界中の人々を魅了し続けるスペイン出身の建築家・アントニ・ガウディ。その独創性は、西欧のゴシック建築やスペインならではのイスラム建築、さらにカタルーニャ地方の歴史や風土を深く掘り下げることで、時代や様式を飛び越える革新的な表現に到達したことにあります。

サグラダ・ファミリア聖堂内観 ©Fundació Junta Constructora del Temple Expiatori de la Sagrada Família

今回開催されている展覧会は、サグラダ・ファミリア聖堂に焦点を絞り、この聖堂に即してガウディの建築思想と造形原理を読み解いていくものです。この壮大なプロジェクトは誰の発案ではじまり、どのような変遷を遂げたのか。140年を超える長い建設の過程でガウディ没後にプロジェクトを引き継いだ人々にもフォーカスしています。

外尾悦郎《サグラダ・ファミリア聖堂、降誕の正面:歌う天使たち》 サグラダ・ファミリア聖堂、降誕の正面に1990-2000年に設置、作家蔵 写真提供:株式会社ゼネラルアサヒ

ガウディは、サグラダ・ファミリア聖堂において、聖書の内容を表現する彫刻の制作にも取り組み、外観・内観の光の色と効果や建物の音響効果にも工夫を凝らし、あらゆる芸術を総合する場として聖堂を構想しました。
図面だけではなく、膨大な数の模型を作ることで構想を練り上げていったガウディ。本展では、独自の制作方法に注目するとともに、彼が手がけた建築・彫刻・工芸を融合する総合芸術志向にも光を当て、100点を超える展示物とともに、ガウディ建築の豊かな世界に迫っています。

<巡回情報>
2023年9月30日(土)~12月3日(日) 佐川美術館(滋賀)
2023年12月19日(火)~2024年3月10日(日) 名古屋市美術館(愛知)

ガウディとサグラダ・ファミリア展 

会期 2023年6月13日(火)〜9月10日(日)
*会期中一部展示替えあり。
会場 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
開館時間 10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
*金曜・土曜は20:00まで
休館日 月曜(但し、7月17日は開館)、7月18日(火)
観覧料 一 般 2,200円
大学生 1,200円
高校生 700円
中学生以下無料
お問合せ 050-5541-8600(ハローダイヤル)
公式サイト ガウディとサグラダ・ファミリア展 

関連記事

  1. 特設展 それぞれの源氏物語

  2. 印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

  3. マティス 自由なフォルム

  4. 特別展「やまと絵 -受け継がれる王朝の美-」

  5. 企画展「繡と織-華麗なる日本染織の世界-」

  6. 【特別展】恋し、こがれたインドの染織 −世界にはばたいた布たち−