源氏物語の姫をイメージした日本刺繍展開催

源氏物語に登場する姫たちをイメージした作品など約200点を展示する「草野しずか日本刺繍展 源氏物語を花で装う」が、日本橋高島屋S.C.で8月30日(金)〜9月16日(月・祝)の期間、開催されます。草乃しずか氏が日本刺繍に魅せられ作家活動を始めて50年。本展では、源氏物語に登場する姫たちに想いを寄せ、それぞれのイメージでひと針ひと針縫い上げた振袖や几帳のほか、10年ごとに作り続けている「桜日記」の9作目が初披露されます。

紫式部

                         
<紫式部>
平安時代の貴族の生活を物語にした源氏物語の作者、「紫式部」は一条帝のお后、彰子に仕えました。妻として母としてまた女性としての紫式部の人生観は、源氏物語で語られているように知的で繊細、かつ情感あふれるものだったのではないでしょうか。平安の様子を扇面の中に、揺れる心は紐の流れに、そして紫の藤にたどり着きます。

夕顔

<夕顔>
あまりにもはかなげで、ひとりでは生きてゆけぬ「夕顔」。源氏の君からやさしく愛されるものの、物の怪にとりつかれ、一夜のうちに散ってゆくのです。夕顔は源氏物語のなかでももっとも儚い運命をもった女性。隣家の垣根に咲く夕顔のように可憐なその姿に源氏は心を奪われます。

ほかにも、身内との悲しい別れの中で、自分が生かされていることへの感謝を刺繍しているうちに気がつき制作した「命シリーズ」(タペストリー)も展示。7作目となる新作は「地球に愛と希望を信じて…」と題されました。平和であることこそ表現できる創作の世界。この美しい地球を大切にしたいという思いで制作されたライフワークともなる刺繍作品です。

◇作家・草乃しずか氏コメント
刺繍でこころを表現することを、私は作品のテーマとしてきました。源氏物語の姫君たちの生涯、そして桜の刺繍で描く女の一生。これらの最新作を含む約200点を一堂に展示します。ドレスに日本刺繍を施した作品も、是非ご覧いただきたいと思います。日本で育まれてきた日本刺繍というアートを、これからも伝えて行きたいと強く思っております。
                                            

■概要■
「草乃しずか 日本刺繍展 源氏物語を花で装う」

・会期
2024年8月30日(金)〜 9月16日(月・祝)

・会場
日本橋高島屋S.C. 本館8階ホール

・入場時間
 10:30~19:00(19:30閉場)
※最終日9月16日(月・祝)17:30まで(18:00閉場)

・入場料
一般:1,200円
大学:高校生1,000円円
中学生以下無料

▼詳細は公式サイトよりご確認ください▼
公式サイトはこちら>>

・お問合せ
日本橋高島屋 03-3211-4111(代表)

関連記事

  1. よーじやの魅力を堪能する京都祇園ステイ

  2. 十日町きもの歳時記2024

    新潟・十日町で着物の月間イベント開催

  3. 京友禅の千總が着物のメンズライン発表

  4. ホテル雅叙園東京の庭園に「涼みどこ」登場

  5. 蛍狩りで夏の宵の風情を味わう京都旅

  6. 9月12日開業のヒルトン京都が宿泊予約受付を開始