9月12日開業のヒルトン京都が宿泊予約受付を開始

「ヒルトン京都」が、2024年9月12日(木)の開業に向けて、6月4日(火)よりホテル公式サイトで宿泊予約の受付を開始しました。「ヒルトン京都」は、ヒルトンのフラッグシップ・ブランドである「ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ」として京都初進出のホテルになります。歴史と現代、伝統や革新など、京都が持つ様々な魅力とゲストを結び付ける「京都SYNAPSE(シナプス)」をコンセプトに、京都の持つ魅力を様々な角度から発信し、新しい発見の提供を目指しているホテルです。

客室:スイートルーム

本ホテルが位置する河原町三条は、老舗料理店等多くの店舗が軒を連ね、観光客や地域住民でにぎわう京都の中心市街地。約40㎡のスタンダードルームを中心とした全313室の客室のほか、オールデイダイニングやスペシャリティレストラン、ロビーカフェ&バー、ルーフトップバーの料飲施設、エグゼクティブラウンジ、スパ、フィットネスセンター、屋内プール、宴会場・会議室を兼ね備えます。外装は、幾重にも要素を重ね、陰影が生み出す「京都の奥行きのある装い」で建物を包み込むデザインに。内装デザインは、橋本夕紀夫デザインスタジオが担当し、「ORIMONO(織物)」をテーマに、様々な糸で紡ぐ織物をイメージした空間で「京都SYNAPSE」の世界感を感じることができます。

エグゼクティブラウンジ

また、9階に位置するエグゼクティブラウンジは、エグゼクティブルームまたはスイートルームにご宿泊のお客様のみご利用いただける専用ラウンジとして、チェックイン・チェックアウト、朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテルなどのサービスをご提供いたします。京町屋の特徴を取り入れた奥行きのある空間は、洗練された日本の美意識が息づくモダンなデザインです。京都の街並みや空中庭園を眺めながら、上質な寛ぎの時間をお過ごしいただけます。

スペシャリティレストラン

オールデイダイニングでは国際色豊かなメニューを、スペシャリティレストランではオーブンで京都の食材を調理した地中海メニューを提供する予定。また、ロビーカフェ&バーは、京都の織物に着想を得た木製格子の吹き抜けが美しいウェルカムラウンジとして気軽に過ごすことができます。そして、最上階10階にはルーフトップバーがあり、時間帯によって表情を変える鴨川や東山の風景が望め、京都五山送り火など季節の伝統行事を喧騒から少し離れた場所で優雅に楽しめます。

ルーフトップバー

「ヒルトン京都」が提供する革新的なサービスと”京都SYNAPSE”の世界観から新しい京都が発見できる滞在をぜひお楽しみください。

■概要■
ヒルトン京都

<場所>
京都府京都市中京区下丸屋町416

宿泊予約
本ホテル公式サイトにて9月12日(木)以降の宿泊予約の受付を開始。
詳細は以下リンクよりご確認ください。
https://hiltonhotels.jp/hotel/kansai/hilton-kyoto

関連記事

  1. 「祇園 花街芸術資料館」がオープン

  2. 澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 ときめきの髪飾り―おしゃれアイテムの技と美―

  3. Weekend Max Mara

    Weekend Max Maraと川島織物セルコンのコラボバッグ

  4. よーじやの魅力を堪能する京都祇園ステイ

  5. 蛍狩りで夏の宵の風情を味わう京都旅

  6. 京友禅の千總が着物のメンズライン発表